心もまぁるくなるオレンジ

オレンジはミカン科の植物の一種。

国産のオレンジは少ないですが、日本ではみかん・夏みかん・ぼんたん・はっさく

など、色んな柑橘系を昔から食べてきましたので、馴染みがありますよね。

オレンジは爽やかで甘い果実が大人気。

 

そんなオレンジから採れた精油は、やっぱりお子さんからお年寄りまで人気の香り。

特にオレンジ・スィートという精油は、心がぱ~っと明るくなるような

元気になる香りなんです。

心配事を払拭して心がまぁるくなる、そんなイメージがあります。

 

そのためか、最近では病院の待合室でオレンジの香りを焚いているところが増えてきたと聞いたことがあります。

アロマを導入するなんて、素敵な病院ですよね♪


また、認知症予防アロマとしても、オレンジの精油は有名になりました。

こちらは夜に使うと安眠出来るということで、一時は品切れにもなってましたよ。

テレビの力ってすごいですよね!

(ちなみに紹介された精油は、日中はローズマリーとレモン、夜はラベンダーとオレンジの組み合わせでした)

 

オレンジ・スィートの他の用途は、むくみ、便秘、ルームスプレー、メイク落とし、掃除用スプレー、など。

オレンジの皮に含まれる成分『リモネン』は油分を溶かす働きがあるので、食器洗い用洗剤によく配合されています。

キャリアオイルにオレンジ精油を加えれば、メイク落としとしても力を発揮してくれますよ。

このd-リモネン、なんとゴキブリが嫌う香りだと昨年テレビで放映されました。

キッチン用スプレーや食器用洗剤に数滴混ぜてみるのもいいかもしれません。


禁忌や注意事項はありませんので、アロマ初心者さんにも安心して使っていただける精油なんです。

ただし、オレンジの精油は皮から採れるので残留農薬が残ってしまう危険性があります。

肌に触れる使い方をする場合は、オーガニック認証されてるものを選ぶことをお勧めします。